Facebook公式ページ menu
  • ご予約・お問合せ
  • アクセス
  • お知らせ
  • メニュ一覧
  • 築435年の抄
  • 胡座イタリアンのおもい

 ttl_location01

400年以上のむかし、江戸時代初期。石川県輪島の山間部の静かな集落に、この建物は農家の家としてひっそりと誕生しました。
建具は梁や柱は、丈夫で優良なクリ材を使用。古来より使われてきた、伝統的な建材であり、あたたかみがあふれるよう。
釘を一切使わない「はめ込み構造」という日本の伝統的工法で建てられた家は、古いながらも味わい深いたたずまいです。

ttl_location02

時は流れ時代は昭和の終わり。かつて家族が暮らし生活を営んでいた家は、人々が去り、廃墟となって取り壊し寸前に。
当時すでに築400年を数え、県の重要文化財候補にもなっていた貴重なこの家が取り壊されると知り、見かねたある新聞記者が紙上で呼びかけました。「江戸時代の農家の家のもらい手、求む」

 ttl_location03

幸運にももらい手が見つかり、行橋のこの場所に解体移築がなされました。生まれ変わった古民家は、離れのある懐石料理の店として賑やかな第二の人生を送りました。それから月日は流れ、またしばらくの間、建物は眠りについていました。ご縁があり、私たち胡座がこの家の第三の人生をスタートさせることに。新たにイタリアンとして生まれ変わった築435年の古民家。これからも人々の笑顔と一緒に幸せを紡いでいきます。

ゆっくりおはしでイタリアン

古民家胡座イタリアン胡座(あぐら)

築435年の抄
Page Top